防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

激安カニ食べ放題の理由は闇カニブローカーの存在が

昨年夏、信州の山間部へー泊2日の小旅行へ出かけた。

f:id:torivian:20190713074414p:plain

宿は『厳選した地の食材だけを使った本格派料理』を売り文句にした小結麗なペンションである。フロントでチェックインの手続きを済ませると、オーナー夫人と思しき30代後半の女性が聞いてきた。
「プラス1千円でズワイガニ食べ放題にできますが、いかがいたしますか」

思わず顔がほころんだ。カニである。プラス千円でズワイガニが食べ放題なんておいしい話を聞き逃すわけにいかない。僕はぜひお願いします、と笑いながら女に告げた。残念ながら、タ食時に出されたカニかお世辞にも美味いとはいえなかった。

この程度だろう、と妙に納得したのも事実だ。が、その後、風呂に浸かって、疑間が湧いてきた。高原でカニの食べ放題?何かおかしくないか。

僕が子供だった20年前には滅多にお目にかかれないご馳走で、10年前でもロにしたのは年に1、2度である。いったいいつの間にカニはこんなお手軽な食べ物になったのだろう。その疑問に答えてくれる人物に会ったのは、今年2月末のことだ。東京発の新幹線で北へ向かうこと2時間余。某ターミナル駅前のファミレスで顔を合わせた男は

「もう足を洗うかもしれないから話してもいいよ」と、日に焼けた顔をほころばせた。西川氏(仮名)は、日本各地に蟹を売りさばくブローカーグループの元締めである。

扱う蟹は、すばりロシア船が運ぶ密漁ガニだなぜ日本中にカニがあふれ出したのか。西川氏がカラクリを語り出した。

ロシア船の積出証明書はみんな偽造品だった。

f:id:torivian:20190713074417p:plain

いま、ロシアの漁船が日本から締め出しくらいそうになってるの知ってる?この前新聞に出ちゃったんだけど、ロシア船が偽造だって日本政府が認めちゃったのよ。
日本は外国漁船や商船が魚介類を何揚げする際に、輸出国の税関が発行した『PC』(ボートクリアランス積出証明書)の提出を義務づけている。日本近海での密漁や密輸を防ぐことを目的としたものだ。当然、日本へ大量の水産物を輸出するロシアも例外ではないのだが、4年ほど前、ロシアのPCが偽造品ではないかという疑惑が浮上。回答を求めていたところ、昨年8月になって、やっとロシアから返事が届いたのである。

果たして、ロシア政府は、ソ連崩壊後の再生ロシアのPCがすべて偽造品だったことを認めたのである。
実際のとこニセ物なんだよ、PCは。なんで断言できるかっていうと、偽造してるのはうちらの仲間なの。少なくともこの4年の間は知り合いの中古車屋の岡島(仮名)って男が作ってた。
オレは元々何でも屋っていっか、倒産しそうな会社の在庫品を安く買い叩いて量販店に流したり、そういう仲買いみたいなことをメインにやってきたのね。品物さえあればそれこそ偽造ブランド品から盗難カードまで扱うみたいな。で、そんな仕事してると、どうしても筋関係とつながりができる。ん?盃は交わしちゃあいないよ。
新潟で出会った1人のマフイア
コトの始まりは今から5年ぐらい前だよ。ほら、ロシア船が日本の中古車を買い付けにきてるってニュースがあっただろ。オレみたいなブローカーは金になりそうなモノをかぎ分けるのが仕事だから、それ見てとにかく新潟に出かけたわけ。そしたら類は友を呼ぶっていうの。やっばり金儲けのネタを探してるー人のロシアンマフィアと知り合ったのよ。

ソイツ日本語ペラペラでさ、酒飲みながら、ベンツやセルシオを盗んできてくれとか、ビューティフルガ―ルを買わないかとか、怪兜しげな話をいろいろ持ちかけてくんの。適当に聞き流してたよ、最初は。けど、そのうちPCの話になってさ。

おまえこれと同じ物を作れないかって、ペラー枚の書類と古物商の鑑札みたいな紙っ切れを持ってきたんだ。これが笑っちゃうぐらいチャチなんだよね。日本の税関がニセ物とは気づかなかった、なんて言ってるらしいけど絶対ウソだよ。だって見るからに怪しいもん。書類の文字なんかコピーのしすぎですさんでるしさ。

「こんなの簡単だよ」「OK。じゃあ頼む」

それで商談成立よ。偽造なんか経験ないけど、ー枚につき50万出すって言うのに乗らない手はないだろ。誰かにやらせてマージン取りゃいいシノギになるしな。で、岡島に話を持ち込んだわけ。ヤツは手先が器用な上に凝り性で、前にナンバープレートの偽造を頼んだことがあったからさ。3日もせずに立派なPCを作ってきたよ。

オレにはよくわかんないけど板金でロシア文字を打ち出したり、パソコンで印鑑を取り込んだりしたらしいな。当然、マフィアは大喜びだよ。日本の万札50枚とその場で交換だもん。
デキのいい偽造PCでロシアンマフィアを満足させた西川氏の元へは、以降、多くの依頼が舞い込み始めるそして「明日までに10枚」などという無茶な注文にも対応してるうち、相棒の岡島氏の店は偽造エ場に変身してしまった結果、昨年ー年間だけで作ったPCは実に100枚を超えたそうだ。
10倍、20倍で売れるなら目を付けないわけがないなんで、ヤツらがこんなに偽造PCを欲しがるかって、そりゃ力二を売るためさ。つっても、連中が直接、商売するんじゃなくて、売りに来るのは向こうの漁師。

聞いた話だと、漁師はマフィアから100万で偽造PC買ってるらしいね。ぼったくりもいいとこだけど、ま、逆にいやそれだけ出しても旨みがあるってことなんだろな。

ロシアってのはマフィアが経済・22万5千トンを超えた(半分以上がタラバ&ズワイなどのカニ類)。

高級食材だったカニが居酒屋チェーンのメニューに登場したのは約5年前。確かにこの統計とピッタリ合致する。力ニの消費量が右肩上がりで増加してるのは周知の通り。ロシアからの輸入量が横ばいとの報告は明らかに事実と矛盾している。

「ロシア国旗を掲げてればほとんどノーチェックだよ」という西川氏の言葉が、政府発表より真実味を帯びて耳に響きはしないだろうか?

f:id:torivian:20190713074420p:plain
闇ブローカー?そういつことになるのかなあ。なーに、カニを売るのなんて簡単だよ。マフィアの息がかかった船が着いたらトラックに積んで卸先に持ち込めばいいんだ。

国内産のカニは、漁師が水揚げしたら漁連が荷受けして市場で仲横人たちがセリ落としたんだけど、ロシアのカニは直取引が当たり前でさ。北海道の港には輸入ガニ専門の加エ会社や水産市場が軒を連ねてるのよ。

いや、カニの密輸を手がけてるマフィアはいっぱいいて、オレたちみたいなのも港にはうようよしでんの。だからちっとも怪しくない。売り先はいくらでもあるっよ。

「強自のルートで仕入れてるのでお馴安くじてます」

なんてトークをしか末せば、料亭もホテルも向こうから

お願いします、てなもん
名前は出せないけど、ある所の有名老舗旅館もオレの得意先。毎年11月の蟹シーズンが米ると「獲れたての松葉ガニだげをお出しします」って宣伝しながらロシア産の冷凍ズワイを何万の料金で食わせてる。
実際のとこね、食品の産地偽装が問題になってるけど、あんなのこのギョーカイじゃ常識以前なんだよね。元々国産の最高級ブランドっていわれてる越前ガニと松葉ガニだって、船の着く場所が違うだけだもん。同じ漁場で獲れても、福井で水揚げされりゃ越前で、島根なら松葉。それ以外はただのズワイになっちゃう。

それで値段が倍も違うんだから、おかしな話だろ。ウワサじゃ、北の方で穫ったカニを乗せたまま、わざわざ福井まで行く船がいるってさ。結局、名前だけなんだよ。味さえよけりゃ「これが松葉ガニです」って出されてもわかんないんだろ。例え、そのカニがロシア産でもさ。電話1本、冷凍倉庫から直送最初のうちは全部自分で目利きして、2キロ3キロの特大モノは高級料亭、中型はホテルやレストラン、後は土産物屋なんて細かく割り振ってたのよ。

これでもオレ、流す商品の質にはこだわってる方だからさ一けど、いまはそんなことやってられないの。量が半端じゃないからね。トン単位で入ってきたら一面、カニの海だもん。そんなのに一匹一匹値段付けてたら腐っちまうよ。
だから、特大モノは別にして、後はキロいくらの量り売りだよ。オレは仲買に徹して、小売は卸業者に任せてる。そいつらが日本全国にカニをバラまいてるんだ。え、ロシアからの力ニの輸入量が年間10万トン?

まあ、税関通るのはそんなもんなのかあ。オレの扱いだけでそのぐらいはいってるけどな。ところで、最近『カニ食べ放題』って流行ってるだろ。あれはヤミ蟹のお陰だよ。国内産は天候によって収穫量も値段も変わるけど、ロシア産は船上で冷凍されてくるから安値安定、コンスタントに数を提供できる。

卸業者の中には自分んとこの冷凍倉庫に入れといて、電話ー本で届けてる連中もいるしな。ほら、業務用に皮剥いて下味付けたカボチャなんかあるだろ。カニもああいう冷凍野菜と同じ感覚になってんだ。

あんたが行った高原のペンションも使ってるのはロシア産だろな。日本人は安い密輸ガニに慣れちゃったから、山の中でカニの食べ放題をやっててもおかしいなんて思わない。それがもう当たり前になってるのよ。

僕はそれがどこから運ばれたものか考えたこともない。1個300円のこだわりトマトと一山200円の格安種があるのと同様、料金格差も自然に受け入れていた。しかし、一方で「だから何だってんだ」とも思う。安いカニが食べられれば違法品だろうと構わないではないか、と。

「それが日本人の正直な気持ちじゃないの。そりゃ、法は犯してるかもしれないけど、ロシアのマフィアも漁師も儲かりオレも懐が豊かになる。おまけに客も安くてうまいカニを食えるんだからいいことずくめだよな」

そうですよね。西川氏め言葉に思わず頷いていた。
ロシア国内は物のに、獲れるだけ穫って日本に持って来ちゃうからカ二がだぶついて、値引き合戦が始まってるんだ。保存しとこうにも倉庫代がバカにならないから、とにかくさばくしかないんだけど、店側が

「あっちの業者はキロ2千円でしたけど、おたくは?」

なんて足下見てくるんだ。まったく忙しいだけで実入りは減る一方よ。それでも抜けられないのがロシア相手の怖さでさ。マフィアには元KGBの人間もいて真顔で言うんだ。「裏切ったら必ず見つけ出して落とし前つける」

みたいなことを。冗談かも知れないけど、ほら、北方領土問題で疑惑の議員さんがいたでしょ。何年か前、あの人が最初に偽造PCのことを問題にしたらしいのよ。国益に反するとかいってさ。それが手の平返しで開発に金を注ぎ込み出したのは裏で脅されたかりたって話だよ。無責任なウワサにすぎないけど、連中が相手だとそれが信じれちゃうの。

取り締まりを強化すればロシア船の入港が減るだろ。そしたらこの仕事から抜けるいいチャンスじゃん。もちろん稼ぎロがなくなるのは痛いけど、ちゃんと対策は考えてある。ほら、密輸ガニがなくなりゃ品不足で値が上がるだろ?それに備えて在庫を寝かしとく倉庫を手配してあるんだ。その辺はぬかりないよ、あんたもせいぜい今腹一杯食べときな。
システム変更の現在、北海道へのロシア船の入港は半減。ロシア船の乗務員が上陸しなくなったことで、稚内や根室が被った経済的損失は300億円に上るといつ。そして西川氏の続みどおり、カニの値段は上昇傾向にある。