防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

本人になりすました健康保険証でサラ金パクリしようとした男の末路

f:id:torivian:20190713071717p:plain

2年前、日雇いで定収もままならぬオレは、サラ金に手を出し始めた。ただし持っている身分証は、国民健康保険証(国保証)のみ。やはり社会保険証(社保証)や運転免許証に比べて信用が低いのか、どこも上限20万までしか貸してくれない。そんなはした金では、3社4社と回ってもすぐに使い切ってしまう。500万なり600万なり後先考えずガンガン借りまくる腹づもりだったのに、なんとも物足りない。どうにかならんか。とにかく楽して金を掴む方法はないもんか。元々が破滅型の性格、行き着いた先はやはりこんな悪事だった。

(他人の国保証を使って、サラ金をパクれへんかっ)

顔写真がないのだから、他人のものを使っても審査には通るはず。要はその保険証をどう入手するかだけだ。オレはその抜け道が、再発行にあるのではとにらんだ。本人になりすまして役所に出向き、保険証を紛失したからと再発行してもらうのだ。もちろん窓ロでは身分を証明する何某かの提示を求められるに違いない。

が、免許証もバスポートもないと言い張れば、向こうも折れざるを得ないんじゃなかろうか。社保証と違い、国保証の再発行申請書には事業者(勤務先)の連絡先なども不要。つまり申請者が本人かどうか、役所が第三者に確認する術はないはずだ。誰に成りすますかの目星はついている。

友人の勤める造園屋に住み込みで働く連中の中から、オレに年齢の近い者を選べばいいのだ。彼ら職人は全員、国保加入。適任だ。まもなく、井上という男にターゲットは決まった。
さっそく造園屋の地元、F区役所に出向き、保険証を無くした井上本人になりきって、再発行の手続きを取った。申請用紙に、住所(住み込み先)、氏名、生年月日(あらかじめ友人に聞いてある)を書き込み、シャチハタの三文判を押す。

「机の引き出しにしまってたんですけど、どっか行ってしもたんですわ」

「はい、井上さんですね。何か本人確認のできるものはありますか」

「それが免許証持ってないんですよ。外国行かんからパスポートもないし

」「それでは、自宅に届いた郵便物か何か持ってきてもらえますか」

郵便物か。なんとかならんこともなさそうやが・・。

「取りに帰ってる時間ありませんのや。今えらい腹が痛うて病院行きたいんですわ。すぐ発行できませんかね」

とっさの仮病に、事務員はあっけなくうなずいた。

「そうですかわかりました」

なんと、ただこれだけのやりとりで井上の国保はあっさり再発行された。なんちゆう甘さやー後はサラ金を回るだけ。だが、井上本人がすでに同じサラ金でツマんでいると、二重契約という厄介なことになり妊かねないので、まずインタネーットで審査を申し込み、問題が起きないことを確認してから店舗へ向かう。

申請用紙には、嘘偽りない井上のデータを書き込む。なーに大丈夫、今は平日の真昼、造園屋に在籍確認の電話が入っても、「井上は外に出ています」の答が返ってくるに決まってる。結果は上々だった。やはり国保、枠は20万と少なかったが、数社から合計100万ちょいの金が集まったのだ。

各自治体で繰り返せばいくらでも金になる
味をしめたオレは、井上に続く第2のターゲット探しにとりかかった。とはいえ、そう難しいことではない。

①住所②本名③電話番号④生年月日が確かなら、区役所は簡単に信用してくれるし、サラ金を欺くには、さらに⑤勤務先(日中に在籍確認をしても本人は出ない)さえハッキリしていればいいだけのこと。つまりオレに年齢の近い国保加入者で、且つ以上5点がわかる人間ならば、誰でもいいのだ。さあ次はどいつにしよう。さすがにF区で同じことをするわけにはいかんから、造園屋の連中は使えん。今度は地元のY区でやってみるか。小学校の卒業文集をめくりながら、適任者を探す。①②③④はすくにわかるから問題は⑤だけ。社保加入のサラリーマンではなく、自営で国保加入のヤツはおらんやろか。いた、安田だ。こいつ、確か実家で青果の卸業を手伝ってるはず。国保加入なのは確実だ。よっしゃ、いったるでえ。

すまんこっちゃ、6年3組安田クン。Y区役所もまた、実に簡単に再発行の手続きを進めてくれた。で、同じくサラ金から100万強。この調子で各自治体を巡って国保証を入手すれば、いくらでも金が入ってくるはず。ホンマにこんなに簡単でエエんやろか。

が、その夢想はあっけなく砕け散る。安田の国保証を使って即日発行のキャッシングカードを申し込んだときのことだった。つつがなく申し込みを終え、審査が終わるまでの30分間ブラブラして店に戻ると、そこにいたのはスーツ姿の男5、6人。ヤバイーと思う間もなく取り囲まれてそのままお縄となったのだ。おっかしいな、なんでバレたんやろっそのときオレは、自分が大きな間違いを犯していることに気づいてなかった。

★罪状、有印公文書偽造及び行使。判決、懲役2年執行猶予3年。これがこの一件の結末だ。それにしてもなんであのときバレてしまったのか。警察から聞いた理由は、涙が出るほど情けないものだった。在籍確認の電話に本人が出たといっのだ。安田、お前、平日休みやったんやなあ。