防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

ヘルスの共同経営を名目に出資金をパクる風俗コンサルタント業者

f:id:torivian:20190713063312p:plain

今から5年前、競馬で300万ほど借金を抱えていたA氏は、何かボロイ儲け話がないかと思案にくれていた。もともと、モグリヘルスやデートクラブなどにも手を染めてきた人間である。少々ヤバイ橋でも渡る覚悟は十分あった。最終的にたどりついたのは、当時の金融不況によるサイドビジネスブームと、自らの経験をマッチングさせたこんな絵だ。
ヘルスの共同経営を名目に出資金をパクるー客を信用させるため、風俗コンサルタント業者を編り(そんな肩書きが存在するかどうかも定かではないが)、新規開店予定のヘルスの出資者を募るという筋書きだ。出資額はーロ10万円から。
1つの店に複数のオーナーがいる、いわばーロ馬主のようなスタイルにすれば、軽い気分でのってくるヤツもいるだろうと踏んだ。もちろん実際に開店などするわけもなく、金が集まれば即トンズラするのみ。単純明快な出資金詐欺だ。いや、ちょっとした味付けを施せば、訴えられる心配もないかもしれない。
ガサが入った場合、出資金は戻らない
『新規ヘルス店、出資者大募集』ホームページを開設すると、ー力月半でのべ200人からの問い合わせメールが舞い込んだ。やはりこの不況、彼らの基本的な動機は「脱サラ」「サイドビジネス」の2点。風俗業なら濡れ手に粟と勘違いしているらしい。
オーナーになればヘルス嬢とオイシイ思いができるんですかね、なんてマヌケな質問をよこす者もいた。メールのやりとりと電話で本気かどうかフルイにかけ、残ったのが70人ほど。その全員とー人ずつ喫茶店で対面する。ーロ10万円で風俗のオーナーになろうなんてムシのいい連中、やはりちょっと間が抜けている人間ばかりだった。
「それで、どれぐらい儲かるんですか」
「そうですねえ。出資額に応じて分配しますから、今の段階ではなんとも申し上げられませんが」
「でもやっぱりヘルスってのは儲かるんでしょう?」
「ええ、月に2千500万ってとこですか。ただしランニングコストがかかりますから、最初の3カ月は厳しいでしようね」
オイシ過ぎす平凡過ぎず。モグリとはいえ元々がヘルス経営者、答にリアリティを持たせるぐらいワケない。そしてこの段階で、フィナーレのための布石を軽く打っておく。
「実はこの店は無許可営業の予定なんです。ガサが入ってつぶれる可能性もあるんですよ。その場合は出資金はいっさい戻りませんけど、かまいませんか」
「え、捕まることもあるんですか」
「こ心配なさらないでください。こ存知ないかもしれませんが、歌舞伎町や池袋のヘルスの9割は無許可営業なんですよ。名目上は私がオーナーになってるんで、万がーの場合もあなた様に被害が及ぶことはありませんから」
これから私どもの1号店に案内します
話を聞いただけのこの段階で、金を出すヤツはいない。出資金詐欺の基本は、現物を目の当たりにさせて信用を得ること。マンション開発詐欺が、わざわざ予定地をデッチ上げて力モを連れて行くのと同じだ。そこで、次の展開はこうなる。
「どんなお店になるのか不安でしょうから、これから私どものグループのー号店にこ案内いたします」
清潔感があり、女の子の質も良く、そこそこ盛況。都内にはそんな店が少なからずある。その中からー軒の店を選び、勝手にー号店にしてしまうのだ。とはいえ、接点も何もない店を大名視察するわけにもいかない。店員に声かけられればパーだ。そこで。
「2号店のオーナー候補が来たなんて知ったら現場の人間が混乱しますので、一般客のフリして遊びながら視察してください」「ああ、はいはい」
10分後、当然のことながら客は満足そうな顔で出てくる。
「どうでしたっ2号店も同じようなシステムになるんですけど」
「うん、なかなかいい店だったよ」
「ええ、ウチは内装にも金をかけますし、女の子の教育もしっかりしてますので」
「マイちゃんっていうのっあの子はいいね」
「あ、彼女は最初だけウチのヘルプに回ってもらう予定なんですよ」
「ほう、それはいいね」
こうしてー人ずつ人気ヘルスに連れていき、信用を得る。ちなみにこのときのプレイ代を自分で負担したのは言うまでもなく、あとで何十倍にもして取り返す自信があったからだ。
★ダマしたオーナーが都合10人、集まった金は8干万。アホは想像以上に多かった。とはいえ、すぐに持ち逃げしたら、詐欺で告発されるのは必至。そこで集まった金の中から約3割ほどを「利益」と称してオーナーたちに返金していく。たとえば100万を出資した人間には、最初の3カ月は利益ゼロ、4カ月目に5万、5カ月目に10万、6カ月目15万といっ案配だ。右肩あがりの売り上げに、大喜びのオーナー連中。そしてこれからというときに、最初に張った伏線を生かす。
「警察の手入れがありました。当初の約束どおり、出資金の保証はありませんが、オーナーに捜査の手が及ぶことはありませんので。これからというときだっただけに非常に残念です」
あれから5年。彼らはまだ詐欺られたことに感づいていないだろう。

※この記事はフィクションです。防犯、防衛のための知識として読み物としてお読みください。