防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

雇用創出助成金を搾取する人間の手口

サラリーマンの平均年収、およそ600万この金を国がタダでくれるといえば、皆さんはどう思うかそんなオイシイ話があるわけがない、と一笑に伏す。しかし、このオイシイ話には裏がない。

600万もの大金を国からもらい、働かずして暮らす者は確実に存在している。とはいえ、国民すべてがその恩恵にあずかれるわけではなく、対象は会社を経営するものうまり事業者のみだ。ならばオレには関係ない、というなかれ。事業者には誰もがなれる。新しく会社を興せば、その日からあなたも事業主それが、たとえ実態のない架空会社であってもだ。
従業員に払う給料の3分の1を国が負担
厚生労働省が管轄する制度のーつに雇用助成金というものがある。これは事業主に対し、新たに雇い入れた従業員の給料を負担してくれる制度のことで、返済義務が一切ないのが特徴。

中でも「中小企業雇用創出助成金」(以下、中小雇用助成金)は敷居が低く条件を満たしやすい。新たに雇い入れた労働者の3分の1の賃金を国が負担してくれるといつこの中小雇用助成金、年によって名称や支給額に多少変更がある。
1人あたりの日給最高額1万650円で換算すると、月額でー人約9万円強。人だと年間636万円が手元に転かり込む計算だしかも書類添付程度の手続きだけで他の助成金も加算できるため年間で都合ー千万にも上る支給の対象となる事業の条件は以下のとおり。
新たに労働者を雇い入れる予定があること

雇用保険が適用される事業所であること

過去2年、所定の税金を全て払っていること

新分野(創業も含む)に進出し、それにともなう施設・設備に300万円以上負担するプ」と
さて、この条件をいかにクリアするか真面目に新規事業を考える者ならさして高いハートルではなかろう。しかし、世の中はマトモな人間ばかりではない中小雇用助成金の審査が甘いことに目を付け、偽の会社を設立、国から大金をパクろうと企む輩も少なからず存在しているのだ
ニセ社員のメリットは後でもらえる雇用保険
飯田氏(仮名・32才)は2年前、自ら商売を営むかたわら架空会社を立ち上げ、助成金を不正受給した経験を持つ

「当時から、すでに僕のまわりには経営コンサルタントとか社労士なんかの悪い仲間か多かったんですよ。で、オマエもやっとけばなんてノリで声かけられて」

新たに立ち上げた会社は、もちろん実態なき架空会社。オフィスなと最初から存在しない。

「不思議なことに、申請してからお金が支給されるまでの間、事業所の現地調査を一度もしないんですよだから極端な話、自分か住むマンションの一室でもOKなんです」

従業員は源泉徴収を必要としない人間つまり、日払い労働者か、パートでも年収か100万円を下まわる者から調達した。これは後々足かつくのを防ぐためだ。

「僕の場合はフラフラしていた友人とか、親戚のおばさんなんかに頼み込みました。名前貸してくれるんなら、誰でもいいんですよ」

架空の社員だから当然給料は支払われないでは飯田氏に協力した《社員》たちにはとんなメリットかあるのか。

「雇用保険代を僕が代わりに支払うんですで、彼らが1年間勤めあげて自己退職したことにすれば、雇用保険が3カ月間、ハローワークから支給される。ー年経ったら皆さん勝手にもらってくれと名前貸すだけで金がもらえるんだから悪い話じゃないでしよ」

この方法を使えば「雇用保険が適用される事業所」という部分もクリアできる。ちなみに雇用保険の金額は、約22万円程度だ。

「最後にもらう大金のためですかり、私にとっては初期投資みたいなもんですね」

300万円の領収書は自宅の家賃と自家用車所得税や市民税はきちんと払っていたから問題なし、となれば、残るは300万円以上の負担をしているという条件のみだ。ちなみにここでいう施設・設備とは、机・椅子・電話・パソコンなどの事務機器、さらには不動産購入物件や賃貸物件の賃料までが範囲となる。果たして、飯田氏はこれをどうクリアしたか

雇用助成金の申請は、各自治体の雇用・能力開発機構センターで行なう
「確かに300万円は大金だけど、結局のところ領収書さえあればいいんです。申請した設備や施設を本当に仕事に使うかなんて誰も調べないから仮に車の領収書があれば事業車として使いままで済みますよ。僕なんて2年前に買った自家用車の領収書を出して雪時から計画してい直ってことで通しましたからね。マンションや自宅の家賃だってその中に入れていいんですよ。その部屋で仕事してることにすれば、済む話でしょ」
ただし、領収書の内訳には慎重になった。例えば、パソコンや家具、賃貸費用など個人で必要なものを50万で購入、残りは250万円で車を買いましたといっのでは、あまりに不自然だ。

「窓口に座ってる担当員を納得させる金額じゃないとタメ。あくまでも常識の範囲内です」

全ての書類が整った段階で、改善計画と実施計画を所定の窓口に提出する必要書類の多さにうんさりしたか、そのーつーつはアルバイトの履歴書程度のもの飯田氏は参考事例に沿いー人で作成したという。

※この記事は防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。