防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

ペットの犬をぶつける当たり屋の恐喝手口

他人の車にワザと自分の車や身体をぶつけ、慰謝料として修理費や治療費を相手に請求する、言わずとしれた《当たり屋》の恐喝手口である。

f:id:torivian:20190616152223p:plain
その道のプロならいざ知らず、こんなリスキーな犯罪、誰もマネしようとは考えない。当たりどころが悪けりや、骨折も免れないのだ。そんな危険を冒す覚悟などあるはずもない。
しかし、頭はひねりようである。要は「車」や「身体」の代わりになるモノを考えればいいのだ。自らを危険にさらさず恐喝のエサに仕立てあげられるモノ。
俺が思いついたソレは「犬」だった。今年2月、勤めていたガソリンスタンドを辞めた。いや、正確にはクビになったのだが、周りの人間には「店長とウマが合わなかったからヤメてやった」などと息巻いていた。ったく、負け犬の遠吠えとはこのことだ。
当然のごとく、収入はゼロ。親が大家のアパートに住んでいるので家賃はかからないが、こんな金欠状態が続けば、愛車も売らなきゃならないだろうし、彼女にも見放されちまう。だからといって、借金はできない。サラ金や信販はすべてブラック、親からも散々借りまくってきたのだ。今さら、この俺に誰が金を貸してくれるってんだ。
やっぱり地道に働くしかないのだろう。近所のコンビニの店員にでもなるか。いや、そこだって雇ってくれるかどうかわからない。
親のアパートに寄生し続けてきた俺のようなパラサイト野郎にとっちゃ、食うや食わずの生活なんて死んでもゴメン。何とか自分の手で月即万の金を作り出すのだ。
とりあえず求人誌から高給バイトをピックアップ、手当たりしだいに面接を受けてみた。結果はオール不採用。厳しいとは聞いていたが、想像以上だ。
だんだん諺な気分が体を支配し、こりやいよいよヤバイ仕事でも探すしかないかと考え始めたころ、ふと、前の職場を辞める直前、1人の常連客と交わした会話を思い出した。
「こないだ車庫入れしてたら、隣んちの犬にブッけてケガさせちゃってさ・ま、近所づきあいもあるから治療代を持っちゃったんだよ。でも動物病院って高いんだな。3万かかっちゃった」
「ああそうですか、大変でしたねえ。最近は我が子よりペットの方がカワイイ人もいますからねえ」
確か、そんな風なやり取りだった。ま、深く考えるまでもない話である。車と犬が互いの不意でブッかつてしまったこと、相手が知人であること、たかがペットのケガとはいえリッパに治療費が発生すること。状況からして、ブッけた方が金を払うというのは当然だろう。
しかし……。改めて思う。もし飼い主が治療費目当てで自分の犬をワザと車にブッけたとしたら、どうなるんだろう。.
いやいや、常識で考えればそんなバカなことがあるわけがない。どこの誰がかわいいワンちゃんをワザと痛めつけたりするんだ。それぐらいのことは、ペットのいない俺だってわかる。しかし、そのワンちゃんが自分の飼い犬じゃなかったらどうだろう。自分の愛犬を傷つけるより格段にやりやすいのではないか…。
回りくどい話は止めよう。つまり、ここで俺が考えたのは、どこからか犬を誘拐し、さも自分の愛犬のように振る舞いながら、ワザと誰かの車にブッけたら、いい金になるんじゃないかということだ。
どこからそんな卑劣な発想が出てくるのか、我ながら呆れるし、実際、犬好きが聞けば卒倒する話でもあろう。
2月下旬の夕暮れどき、俺は車で自宅から柏キロ離れた田舎町へと向かっていた。当たり役になってもらう犬を確保するためだ。
ヘタに野良犬に手を出してはこっちが咳みつかれてしまう。やはり狙うは飼い犬。種類的にはセントバーナードのような大物じゃなく、大人しそうな小型犬がいいだろう、と目星を付けていた・候補はすぐに見つかった。いかにもビンボーそうなポロ家の庭にゴロ寝していた痩せギスの雑種犬だ。首輪がないところからして、テキトーに扱われてるに違いない。

f:id:torivian:20190616152237p:plain
目を合わせてもワンワン吠える気配はない。家族もまだ帰宅していないようだ。
俺はあらかじめ用意していたステーキ肉を手に、ヒュイと口笛を吹きながらヤシに近づいた。
「おうオマエ、最近ロクなモン食ってないだろ。差し入れ持ってきたぜ」
1人つぶやきながら肉を差し出す。と、コレ幸いとばかりにガッガッ食い出す犬。ガキのころから、犬猫をなつかせるのは得意なのだ。いとも簡単に門の外へ連れ出し、自分の車に迎え入れる。さて、コイッにどうやって被害者を演じてもらうか。さすがの俺も死ぬ目には遭わせたくない。
そうだ《事故》直前に関節を外してしまおう。ガキのころ野良犬をイジメていたからわかるのだが、犬の関節は案外簡単に外せる。結果、当然歩行がおかしくなるが、犬が人間と違うのはさほど痛みを感じないところだ。これなら、自
分の心も痛まないってもんだ。
段取りとしてはまず、駐車場に出入りする車に犬と一緒に近づき、死角となる後方部のバンパーをフン処理用のステッキでドンと小突く。
あとは「ナニすんだ、この野郎!」とさも負傷したかのような犬を見せつけてやればいい。
そうだ、ここで犬の口元から血を吐かせればさらにインパクトが与えられるに違いない。卜マトケチャップを薄めたものを事故直前にすすらせておけば、それっぽく見えるだろう。
これで相手が「やつちまった」と思ってくれれば、こっちのもん。慰謝料と治療費は
取れるんじゃなかろうか。翌日、俺は近所の大型スーパーマーケットに出向いた。ターゲットは言わずもがな、買い物に来る主婦連中。女は動物に弱い、と単純に考えた。
駐車場に車を止め、まずは犬の関節を外しにかかる。要領は足を捕まえ強く引っ張りやいい。何十年ぶりに味わうグキグキ乳む独特の感触に手が震えるが、何のことはない。関節は簡単に外れた。犬は「キャイン」とひと鳴きしたものの、暴れる気配はない。ヨシヨシ。もうちよいの辛抱だからな・
顔を上げた俺に、うつみ宮土理似の女が店の方へスタスタ歩いていく姿が見えた。まずはこのオバサンでやってみるか。女の車はアウディ。いかにも金持ち風だが、どこかズレ服装感覚といい、つんけんした物腰といい、なにかこう自分を取り繕うことで生きているような人間の匂いがする。ターゲットにするには持ってこいだ。
幸い、まだ午前中とあって店周辺の人影はま
ばらだ。よし、ここは女が出てくるまで待とう。片方の手を犬の首輪に、もう一方にフン処理用のステッキを持ち、散歩するブリをしながら5分。ようやく女が車に戻ってきた。そして、アウディが駐車場を抜け、公道に出ようとするまさにその瞬間、

「ドカッ!」
明らかに何かがブッかつたような鈍い音がし

たと同時に俺の野太い怒声が飛んだ。
「おいっ、ドリー。大丈夫か!」
ドリーってのは思いつきじゃない。少年時代、イジめた野良犬を勝手にそう呼んでいたのだ。ならば、同じドリーにした方が、より情感こもった演技ができるはずだ。
「しっかりしろ!ドリー」
果たして、俺以上にドリーのリアクションは、演技賞モノだった。頼みもしないのにキャンキャンと悲痛な声で吠えたてる。血糊のトマトに混ぜておいた興奮剤が効いているのだろう。青い顔で車から降りてきた女に俺は一気にまくし立てた。
「おいアンタ、自分のやったことことがわかってんのか。これはリッパな事故だよな。アンタ、今ひき逃げしようとしただろ。ほら、この足。たぶん骨折してるよ。あれ?ドリー、コイッロまで切ってやがる。ノドの奥から血が出てるじゃないか」
「すみません…全然気が付かなかったもので…ごめんなさい」
車にブッかりノドと口だけ負傷するなどあり得ない話だが、相手にそれを判断する冷静さはない。女はただ呆然と立ち尽くし、平謝りを繰り返していた。注意すべきは決して自ら「金をくれ」と言わないことだ。法律的なことはよくわからないが、恐喝されてると相手に受け取られるのはマズイ。交渉は、あくまで善意や同情を引き出すのが目的だ。
そんなこんなで約1カ月。俺は犯人の主婦に犬を当て、そのうち4人から計50万をむしり取った。つまり、6人は失敗したのである。主婦で多いのが「主人に相談します」というリアクションである。被害に遭ったのが犬だからか、そもそも金で解決するという発想が出てこない。だからって旦那に相談されちゃ、こっちの身がヤバイ。自然、この類はあきらめざるをえなかった。
犬好きのオバサンってのも困る。自分がひいたことなど忘れたかのように、異常なほどお節介を焼いてくるのだ。
「アタシ、いい先生知ってるのよ・そこに行きなさい。すぐ治るわ。ウチの犬もかかりつけなの。紹介してあげるから。ね?ほら、今電話したげるわよぉ」
その図々しさは、まさにオバサンの専売特許。とても太刀打ちできる相手じゃない。
そこで、考えた次のターゲットが飲み屋帰りのオヤジ連中だ。
俺の住んでいる街は郊外なので、車で飲みに行く連中も多いが、飲んだ後はたいていタクシーの代車(タクシー会社から運転手を2人呼び、片方に自分の車を運転させて帰ること。田舎では不可欠なサービス)で帰るのが一的。飲んだら乗るな、が常識だ。
しかし、中にはいるのだ。しこたま酒を飲んだにもかかわらず、ハンドルを握ろうとするバカが。自分の運転テクヘの過信か、あるいは代車料金がもったいないのか。いずれにせよ、夜の飲み屋街には交通事故の未遂犯がウヨウヨしている。そんなヤッラにホントに事故ってもらおうというのが俺の魂胆だ。
決行はやはり夜、それも2次会が終わるあたりの夜10時前後がベストだろう。それより後は犬の散歩にしては時間が遅過ぎる。4月中旬の某日、夜9時30分。ドリーを仕込
み、飲み屋街の駐車場でターゲットを物色していると、道の脇からスーツ姿の男がフラフラと駐車場の中の方へ歩いてきた。
見たところ、40才弱。歩行が怪しいところから見て、そこそこ飲んできたのは間違いない。駐車場から男の乗ったセドリックが出てきた。切り返して、スピード発進。よし今だ。オレは車のボディをステッキでひと殴りした。ガキッ!
「オイ、ドリーー.大丈夫か」
急停車したセドリックから男が慌てて飛び出してくる。すべてシナリオどおりだ。
「大丈夫ですかぁ」
「あなた今、ウチの犬ひきましたね。見えなかったんですか」
「え、飛び出してきたのはそっちでしょう!」
「なに言っているんですか。ライト点けてなかったですよね」
「点けないで夜走るバカがいるか!アナタのしつけが悪いんだ」相手は男、しかも酒が入っているだけに口論になるのは予想済み。だが、俺にはとっておきの脅し文句があった。
「わかりました。じゃあ警察行って話しましょうか」
「あ・・・・」

男が絶句して当然である。酒気帯びが警察にバレたら、立場あるサラリーマンとしては何かと面倒なはずだ。
アンタ、捨て身覚悟で突っ張るのか、それとも急場の金でカタをつけるか。分別ある大人なら答えは聞くまでもないだろ。
「今、手持ちがあまりないんだ。とりあえず、これを治療費に当ててくれんかね」
男が差し出した万札はたったの3枚だった。
「少なすぎるよオッサン!」
ノドまで出かかったことばをグッと飲み込む。この《仕事》はすべて即金勝負。欲を出し、話を翌日に持ち越せば、それだけリスクが増えるのだ。
「…すいません。こっちも言い過ぎました。でも、やっぱり酒気帯びはよくないと思いますよ」
俺は必死に《良い人》を装いながら、3万円を懐にしまい込んだ。

※この記事はフィクションです。防犯、防衛のための知識として読み物としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。