防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

悪徳教材販売・内職商法サムライ商法の手口

「〇〇さんですか?お仕事中、恐れ入ります。私、××と申しまして、実は今回、特別にビジネスチャンスのご紹介をしてまして」

いきなり、職場や自宅にこの手の電話がかかってきたことはないだろうか。聞き覚えのない名前、ビジネスチャンスなるいかにもなフレーズ、そしてやけに調子の良すぎる口ぶり…。

筆者も会社員のころは何度か似たような電話を受けたことがあるが、その大半のケースで「興味ないから」と即座に受話器を置いたものだ。そもそも、見も知らずの相手に電話1本で怪しい儲け話を持ちかけられ、どう信用しろというのか。仮に話に乗ったところで、高い金を払わされるのがオチ。聞くだけ時間のムダだろう。

「うん、それが常識ですよね。ところが、世の中にはその常識が通用しないヤツがいる。ホント、仕事やってる自分がいちばんビックリしましたもん。コイツ、どこまでお人好しで世間知らずなんだろうって」

長谷川氏(仮名、27才)は、電話セールスの定番、教材販売を生業としている人物だ。

行政書士試験の参考書から、医療事務のテキスト、ホームページの作成講座など、し監験まさに手を変え品を変え、これまでの5年間を腕1本、いや受話器1本でメシを食ってきた。

これがいちばん口説きやすくオーソドックスだって、行政書士が中心でしたね。ターゲットになるのが、高卒の男で20代後半の社会人。しかも、普通科じゃなくエ業系の出身者で、さらには田舎の人間がいいですね。なんでかわかります?20代なら社会経験をさほど積んでるわけでもない、専門系の高校出だと世の中に対してコンプレックスを抱えてる、都会のヤツに比べてスレてない。

つまり、彼らなら信じやすい、ダマされやすいだろうってことですよ。セールスは、全国の高校の卒業名簿とか名簿を見て職場に電話をかけます。狙う連中ってのは大半が就職してるから、名簿に勤め先が書いてあるんですよね。最悪、書いてなかったところで、自宅にかけて「ワタクシ、お宅の××校の同級生で、今名簿の手直しをしてるんですけど、勤務先が書かれていないんですが」って親や兄弟にいえば、一発で教えてくれますよ。

で、肝心のセールスの内容なんですが、誰に対しても最初は決まり文句かり入ります

「こちらの方からDMを送らせていただきましたが、ごらんになりました?」

10人中10人は「見ていない」って答える。そりゃそうですよ、DMなんて一切送ってませんからね。そこで、次にこう。

「そうですかあ。だからこっちに連絡がなかったわけですね。あのう実は今、行政書士の取得講座のご案内してまして。××さん、行政書士ってご存じですか?」

ま、普通はそこでピンと来て切っちゃうヤツがほとんどなんですけど、中に付き合ってくれる正直者が必ずー人はいる。

「どんなのでしたっけ?」なんて。ははー、引っかかったなってなもんですよ。
行政書士って何やる仕事か、ご存知です?ハハハ、さすがに知ってますか。でも、オレたちが相手にする連中の大半はわかってない。そこで、説明がてら一気にまくしたてるわけです

「××さんの会社でもそうだと思うんですけど、役所に提出するものってのがありますよね。税金だとか社会保険だとかね。そういう書類ってのは全部、行政書士の判子がないとダメなんですよ。つまり、企業や個人に変わって書類の手続きをしてやる人のことなんです。おわかりですよねえ」

ま、ここまでは間違いじゃないとして、問題は次から。

「それでね、今回、××さんとこにお電話したのは、この資格を取ってみませんかってことなんです。実はー年先に試験のシステムが変わってすごく難しくなっちゃうんですよ。だから、政府の指導で私どもがこうやって電話をして勧めさせていただいてるわけなんです。

ま、講座は30万ですけど、これ相当チャンスだと思いますよ。私どもの講座を受けて活躍してらっしゃる人がたくさんいるんですよ。そうですねえ、皆さん独立してー千万円は稼いでらっしゃいますよ」

こういう大げさな表現、オーバートークってやつですけど、これにもいくつかポイントがあって。ーつは会社が国から指定を受けているような、怪しい匂いのしない、すこく立派な業者だってイメージを持たせること。
あ、言っときますけど、テキスト自体はマトモなんですよ。それを読んで行政書士になれるかどうかはまた別問題なんだけど、とにかくこの段階では、ウチの講座を受けさえすれば行政書士になれるっていうニュアンスを持たせることが重要なんですよね。

あとは相手のコンプレックスとか不満を見つけて、そこを突くことです。ほら、みんな大なり小なり今の生活に不平不満があるわけでしょ。仕事内容がいやだ、給料が低い、学歴がない、あと田舎暮らしは退屈だとか。で、例えば相手が田舎がイヤだっていえば、こんなトークをかますわけですよ。

「このチャンスを生かしてー千万稼いで、都内のー等地に庭付きプール付きの戸建てを建てた方もいらっしゃいますよ」

田舎の若いヤツにとってー千万円ってのはスゴイ金ですよ。けど、これは一種のマジックでね。ー千万っていう、とてつもない数字を出すことでテキスト代の30万を打ち消してしまおうって。バ力な田舎モンはすぐその気になりますよ。
最初にかけた電話で注文が取れることを「オーダー」と呼ぶ。が、これが取れるのは100人中1人いるかいないか。かなり相手に恵まれた場合に限られるらしい。

「しかも、電話でOKするヤツつて、契約書を送った後で必ずかけてくるんですよね。やっぱりヤメたい、解約できないかって」

確かに、電話で調子のイイことを吹き込まれても、30万円という数字は目を覚ますに十分な額だろう。だが、そこで引き下がっているようでは、セールスマン失格。真価が問われるのは、ここからだ。
商品じゃなく資格だからクーリングオフは不可
仮にオーダーがー件取れたとしたら、次の日に電話をかけて、客に番号を伝えるんですよ。あなたの受講番号は××です、みたいな。それから8日間は、毎日電話。相手の気持ちをつなぎ止めて、とにかくクーリンクオフされないようにしなきゃいけない。用件なんて何でもいいの。オーダー3日目は

「教材の発送はいついつになりますから」、4日目は「発送の日が変わりました」だの「こういっ特典が付きます」とか。
クーリングオフしそうな客は、だいたい雰囲気でわかるんですよ。声の明るさが違うっていうかね。もちろん、そういうヤツには

「かんばりましょう。年収ー千万の暮らしが待ってるんですよ」って励ますんだけど、簡単にはいかない。

「やっぱりヤメたい」「払えない」ってほざいてる。どうするか。オレたちはここでキャン防(キャンセル防止)のテクニックっての持ち出すんです。そもそも、クーリングオフしたいってヤツは、ほとんどが周りから「ヤメとけ」って入れ知恵されてる。それを逆手に取るんですよ。

「あのねえお客さん、さっきからクーリングオフって何度もおっしゃってますけど、本当の意味ご存じなんですか?」この質間にビッチリ正確に答えられるヤツ、ー人もいませんよ。だからこっちが教えてやる。

「お客さん、クーリングオフってのはモノを買って8日間以内に返品ができることですよ。でも、今回の内容ってのは、商品じゃなくて資格を取るってことでしょ。それは別なんでよね」

すり替え話法って呼ぶんでしたっけ、こういうの。強い調子でいったら、気の弱いヤツはだいたい黙っちゃいますね。

あと客の言い分で多いのが、口ーン用紙に書き込んで返送していないうちは契約は不成立だっていうパターンですね。確かに、署名・捺印ってのが通常の契約ですよ。でも、民法には「電話ー本でも双方の意思があれば契約成立」ってちゃんと書かれてる。

何となりゃ「契約違反で警察に通報しますよ」って脅しにかかりますから。

「こないだ捕まって、まだブタ箱いる人間だっているんだ」

とか。もうムチャクチャでしょ。相手の客が警官とか自衛隊なんかだったらなおさらですよ。警官がウソついていいんですか、逮捕されて、新聞で実名出されて懲戒免職ですよって、もういたい放題。

いや、いるんですよ、客の中には警官とか消防貝とか。他の業者連中はさすがに手つけなかったみたいだけどオレは関係なくセールスかけましたから。危なくないかって?・全然。それどころかヤツらっていいカモですよ。途中でヤメたいってのも少ないし、ちょこっと脅すだけですぐ言いなりになりますもん。

とにかく、いったん契約するって言ったら死ぬまで食らいつくのがモットーです。土日だろうが夜中の1時2時だろうが、お構いなし。オレ、相手の実家まで足運んでハンコ押させたこともありますもん。相手は「お願いですからキャンセルさせてくださいー」ってワンワン泣いてますよ。大のオトナがですよ。泣きてえのはこっちだっつーの

てなんだかんだで毎日200本くらいは電話かけてたんじゃないですかね。もっマジで受話器置くヒマなんかない。へタすりゃトイレにも行けなくて勝脱炎になっちゃったりしますから。それでも契約取れないヤツってのがいるんですよね、中には。もうそうなると悲惨ですよ。オレの隣の席のヤツなんか、机の上に正座させられて、ガムテープで手を受話器にグルグル巻きにされてましたもん。契約取れるまで一生かけてろって、もっそりゃ地獄ですよ。
彼の会社では、1人のセールスマンに1カ月5本の契約が課せられていた。このノルマをクリアすることを条件に、支給される給料が月30万(ノルマを下回ると差っ引かれる)。

以降、1本契約を取るたびに5万円の歩合給が加算される仕組みとなっていた。この給与システムの下、長谷川氏はコンスタントに月8-9本の契約をモノにする。給料にすると50万。22、23才の若造にしてはいい額であろう。しかし、結局彼は入社4年目にして会社を辞める。体に異変が生じ始めたのだ。

「微熱と頭痛が何週間も続いちゃって。まあ毎日あんなところで働いていたら体もおかしくなりますよ。だって、1年のうち10日も休んでないんだもん」

戦場のような職場にはもつウンザリだ。が、せっかく身につけた電話トークを引き出しに仕舞っておくのももったいない。何か他に、この技能を活かせるのはないものか。求人誌で、次に彼が目に止めたのは内職商法を展開する某業者だった。
「副業に最適」のホームページ作成講座教材販売って大きく分けて3つあるんですよ。ひとつは今まで話したサムライ商法。2つ目が「リスト販売」と言って、以前教材を買ったことのある客に再度売り込みをかけるやり方です。

「お客さん、最近勉強してます?合格してないの?マズイなあしてないのはアナタだけだよ。うちで今度新しいのができたから」

とかテキトーに言って、また2冊目を売りつけちゃうんだけと、オレはやろうンー思わなかった。というのも、リスト販売の業者って結構捕まるんですよ。

「買わないと火点けるぞ」みたいなことを平気で言っちゃう。さすがにそれはヤバイだろうと。で、オレは内職商法で稼ぐことにした。ウチの会社のやり方、説明しましょうか。
まず、会社が新聞に「在宅オペレータ募集ー地域限定×人、副業に最適」ってなノリの折り込み広告を出す。ただこれには条件があって、副業の教材をウチから買って勉強した人だけが求人にありつけることになってる。ホームページ作成講座の教材が30万、医療事務講座が50万。これを買えば、求人募集が掲載されてるインターネットのホームページのバスワードを与えましょうってわけです。もっともらしいでしょ。でも、実はこれがトンでもない裏がありまして。求人用のホームページは実在してるんですが、その中に能力試験ってのがあって、これにバスしないと仕事はもらえない。

またそれがすこく難しくて、合格者なんか皆無に近いんですよ。しかも、仮に試験受かったとしても、もらえるのは恐ろしく安い仕事ばっか。まともにやっても月ー、2万にしかならないでしょっね。そう、まんまダマシなんですよね。勉強すれば受かるかもうていっ可能性があるって点ではサムライ商法の方がよっぽどマシでしよう。

売上げトップの女はクスリをやってご出勤ところが、この仕事がえらいフクで。「反響営業」っていって、自分かり何にもしなくってもいい。それこそ、椅子に座って電話を待ってるだけなんですよ。広告見て問い合わせしてくるのは大半が主婦なんですけど、まず相手の名前と連絡先、あとパソコンを持っているかを聞いて「興味があったらまた電話ください」って資料を送る。

間い合わせは多くてー日8、9人、少なくて2、3人くらいですか。で、その~っちの半分くらいは反響うまりもうー回かけてきますね。そこで、やっとトークが始まるんですけど、教材を買ってくれとは絶対口にしない。この教材はあくまで付録であって、仕事をするために必要な費用だって高い方をするんですよ。

うちはお客さんに紹介する仕事を探すために経費が必要なんです。これはお互いにとっての必要経費なんでまって感じですね。
そうすると、当然のように相手はどれくらい稼げるのか、大当に元は取れるのかって聞いてきますかり、そこで

「ー年くらい続けてもらえれば月収5、6万くらいにはなるんじゃないんですか」

なんて答えとく。適当でいいんですよ、そんなの。でも、世の中の主婦って相徴以上に金に困ってるんですよね。最初の資料請求で5人電話がかかってくるとすれば、ー人は「やりたい」って即答するし、残りの「とりあえず考えたい」って連中も、必ずー人は最終的に金を払っちゃいますからね。中には、バソコン持ってないのに、この際だからー台買おうって奥さんもいますよ。本当、どうかしてる(笑)。

ただ、こっちもサムライ商法と同じで、客の2人にー人は教材を買った後で解約したい」っていってくる。「アンタたち、ホントは教材売りたいだけなんでしょ」って、ズバリ突かれたりね。けど、実際、ホームページを見れば、就けるかどうかはともかく仕事そのものはゼ口じゃないんで、決してウソはついてない。
それでも、ゴチャゴチャ言ってきたら、例のか契約違反でしつこく脅すだけです。奥さんならひるんじゃいますよ。本当、ラクですよ。ー日のうち実働時間なんてせいぜい2時間くらいかな。みんな机でボーッとしてるか、パソコンでゲームやってるか、テキトーに理由付けてパチンコでも打ちに行くか。それで月に固定で22万ほどもらえるんだから、いうことないでしょ。ちなみに、ウチのトップセールスマンってのは女だったですけど、コイツ、クスリやってから出勤して来るんですよね。会社では、寝てるか電詰してるかのどっちかしか見たことない。本当、世のなか、どっなってるんですかね。