防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

選挙で青少年の健全育成を訴えながら児童買春で逮捕された地方議員

国政担当の議員センセイ方が国会でもめてる間に、地方議員の下半身は大暴れだ。

議員が手を染めがちな犯罪といえば、業者に口を利いて金をもらう贈収賄が定番だが、国会を騒がせた買春疑惑や女性スキャンダルに感化されたか、このところ下ネタがらみの事件が相次いでいる。

15才から17才の少女4人を買春したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で警視庁に逮捕されたM(48才)は、江戸川区で区議会議員を務めるリッパなセンセイだった。このM、青少年対策に取り組む傍ら、借金を重ねては20回以上も少女らを買い漁り、せっせとハメ撮りにいそしんでいたというから呆れたものだ。
ロリコン専門ホテトルで1回5万で買春

きっかけは今年5月にさかのぽる。とあるタ刊紙をペラペラめくっていたMセンセイは、風俗営業広告が満載されたエロページに目を留める。いつも見慣れているはずなのに、その日は妙にムラムラっときたようだ。

「たまには、こういうのもいいだろう」自ら言い訳を口にすると、淫らな誘い文句が並ぶホテトルの三行広告かり、ある業者をチョイス。雷話を入れた。

「紹介料はー回につき5万円です。もちろん若くてかわいい娘ばかりですよ」
受話器の向こうかりは、お馴染みの調子のいい答が返ってきた。迷わずセンセイは会員になり、その日のうちに紹介された女の子とホテルにしけこんだのである。

5万円はちよっとキツいけど、やっぱり10代の肌の弾力は違う。たまらんなあ

業者の言ったことは本当だった。そこは、口リコン専門のホテトルだったのである。児童福祉法違反の疑いで一緒にパクられた経営者のE(26才)は、出会い系をこまめにチェックしては

「お力ネないんだけと…」「援助相手を募集してます」

などと書き込んでいる少女らに連絡し、話に乗ってきたコたちを登録させていた。その数、実に30人以上にのぼり、中には13才の中学生も含まれていたといつ。Eは少女らに紹介料5万円のうち3万を渡し、三行広告を打ち始めた昨年末から逮捕されるまでの約10カ月で800万円ほど稼いでいた。
10代の少女2人をともない3P&ハメ撮りに溺れる
一方、Mセンセイはといえば、一度の体験で若い少女の虜になってしまう。

区議会の本会議を終えると店側に10万円払って15才と16才のJK2人をともない荒川区内のホテルに入り、たっぷり3Pを工ンジョイ。さらにその月の28日にもプータ口ーの16才&17才と3Pプレイに汗を流した。2人は店を通じて紹介してもらったコたちで、ひそかにケータイ番号を聞き出して、Mが直接連絡をつけたという。ちなみに、彼女らにはー人につき3万5千円を支払って、セックスシーンのビデオ撮影まで行っていた。結局、逮捕容疑となったのは前述の2件だか、Mの悪行はそんなもんじゃない。

次々と少女を買ってはハメ撮りを繰り返し、相手の名前や日付を記録して保管。明らかになっただけでも20数回にわたっている。しかもMセンセイ、議員としての月給60万円では足りなくなり、消費者金融かり400万を借金してまで買春し続けたのだ。ある捜査関係者が言う。

少女売春をやっているという情報が入ってEの業者を内偵してみると、Mが客だったことがわかったんだ。そりゃ、色めき立ったよ。区議とはいえ、なんたって議会のセンセイだからね。こういう事件は手柄になるんだ

少女らと連絡する際には偽名を使うなど、一応は用心していたものの、しょせんは素人の偽装工作。警察に目を付けられたMの淫行は、ほどなくしてタイムアウトになったのである。

議会では真面目人間。酒を飲むとフーゾク

Mは中央大学の商学部を卒業。両親が熱心な学会員で、本人も在学時代から学生部の幹部としてバリバリに活動を行っていた。卒業後は公明党の国会議員秘書になり、江戸川区では副支部長という要職に就く。逮捕された時点で2期目だった。

「今となっては皮肉なんだけど、選挙時は青少年の健全育成を訴えていましたよ。ええ、そりゃもう誠実を絵に描いたような人で、評判は抜群だったんです。」

議会関係議会では、本人が自分の、テーマと位置づけていた教育についての様々な問題を扱う会に所属。メンバーは10人ほどだが、Mは一度も欠席したことがなく、進んで意見を述べたり対策を考えたりするマジメさだったという。

毎度おなじみ「なんでアノ人が、・・」の典型的パターンだが、事件を予感させる出来事がないわけではなかった。
先の関係者が明かす。

「実はね、女好きというウワサは以前からあったんです。酒が入ると大胆になって錦糸町あたりのフーゾクに出陣、ってなことも珍しくなかったみたいで。そうそう、逮捕される直前には議会のメンバーらでドイツやフランスに視察へ出かけていたんですが、彼はそこでビデオ撮影係だったんでず。そりゃ手慣れたもんでしょうよ。さんざん少女らを相手に練習してたんだからね」

その一方、同情の声も聞こえてくる。

「Mが少女らを買いはじめた5月は、ちょうと衆院選前で有権者回りなんかをやっていた頃。しかも彼が応援していた候補者が落選してしまい、相当なフラストレーションがたまっていたはずですよ。その上、日常ではマジメな学会員を演じ続けなきゃならないし、家でも奥さんに頭が上がらない。そんなこんなで若い肌にのめり込んじゃったんじゃないのかなあ」(知人のー人)警察の調べに対しでMは、

「すっかり夢中になってしまった。ホントに大人げない」

としょげかえっているという。