防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

車両保険の全損定義を悪用した保険金詐欺

私が都内高級住宅地にある某外車販売会社にディーラーとして入社したのは今から16年前のことでした。自分の営業努力はもちろん、バブル期という時代背景にささえられ、売れ行きは好調。ー力月平均10台、利益率にして12%前後というかなりの成績を収め、ー年に2回は家族でー週間のハワイ旅行や都内一流ホテルでのディナーショー、毎月行われる販売台数キャンペーンや保険獲得キャンペーンでは、数万円単位の商品券を臨時収入として得ていました。

実績を上ける社員が出世するのは当然の話で、役職も営業係長、課長、店長とトントン拍子にジャンプアップ。幹部の椅子に座れるのも、遠い将来ではないと確信していたものです。しかし、バブルがはじけて以降、成績が上がらなくなると、営業は数字が命とばかりに今までの実績など何処へやら、何とかリストラだけは免れたものの、問答無用で中古車部門への異動を言いわたされました。

自動車販売会社、特に輸入車販売の場合は新車営業部門が花形で、中古車部門は新車か思うように売れない営業マンの回されるところ。明らかな左遷です。しかも、私の場合は今まで店長として18人の部下を統括してきたものが一転、たったー人で仕入れと販売を担当、雀の涙の予算で実績を上けよとのこと。これで落ち込むな、というほうが無理な話です。しかし、私には養わなければならない家族がありました。収入がよかったころに有名私立小学校に入れた子供のためにも、少しでも多く稼がねばならない。自暴自棄になってる余裕はどこにもありませんでした。
自動車販売会社の給与体系は、基本給+歩合。基本給は年齢に関係なく10万から20万で、インセンティブが大半を占めます。例えば営業マンの場合、ー台売れるとその粗利に対して10%が取り分になり、仮に200万円の車をー台30万円の利益があったとすると3万円が懐に入るというわけです。となると、月に300万以上の粗利益を上げられるよう頑張らないと生活が成り立たず、サラ金をつまむのも自然の成り行き。会社の金に手をつけクビになったヤツも何人いたかわかりません。

そんなある日のこと、ー人のお客が慌てて店に入ってきました。

「あの車、見せてくれ」ミタさん(仮名)昨日仕入れて展示したばかりのフオードを何力月間も探していたと言うのです。となれば話はこっちのもの。とんとん拍子に話は進み、あっという間に契約までこぎつけました。

我々営業マンは、自動車保険を取れば年間保険料の5%かもらえるので、保険契約にも力を入れます。当然、ミタさんにも薦めました。

「大切なお車ですから、保険は満額かけた方が安心ですよ」

そう言いながら標準価格表を取り出し、車種別価格を見てビックリ。保険会社が定めている価格が販売価格より高いのです。

そこでピンときました。こりゃ、金になるぞ

どういっことかといえば、車の購入者には保険への加入が義務つけられていますが、それは自分や通行人など人間を傷つけた際の補償のみ。ほとんどのトライバーが、車体の傷害について補償してくれる任意の車両保険にも入っています。問題はこの保険額で、車の販売価格とは関係なく保険会社が定めた「法定償却率×新車価格十オプション価格」プラスマイナス20、30万と決まっているのです。

ただ、ほとんどの国産車は販売価格が保険額と大差ないためウマミはありません。が、輸入車は実際の取引価格と保険価格に大きな差が生じるケースがあるのです。マニアに人気のヴィンテージ車など信じられないくらい高い金額で取引されていますし、逆に新しくても人気がないため安価で取引されている車種もあります。

しかし、保険会社は面倒なのか、すべての輸入車を高い金額で設定しているのです。例えば、新車で600万はするシトロエン×Mなど、フランス本国では大統領の公用車としても使われる人気ですが、日本の中古車市場では3年落ち程度で100万そこそこ。なのに車両保険の標準価格は300万。ベンツの94年製も、一般的販売価格が400万前後(仕入価格は約300万)に対し、車両保険は520万から680万までの範囲で自由にかけられます。もし仮に、このベンツを300万で入手、満額680万をかけて事故を起こしたらどうでしよう。「全損(廃車)」に持ち込めば保険会社から680万が振り込まれ、労せずに380万の金を手にできるのです。

しかし、ここで問題。保険金を申告すればアジャスターと呼ばれる査定士が派遣され、報告されている事故状況と車の状能に食い違いがないかチェックする上、故意とはいえ事故を起こせば怪我をする可能性もあります。さらに、痛い思いをしても全損にならないかもしれません。リスクが大きい上、不確定要素も多く、実行に移すのはムリ。いったんはそうあきらめました。
ー力月後、思いもよらない話とともにミタさんが店に現れました。3日前に直撃した大型台風の影響で、車が完全に水没してしまったので前回と同じフォートを探してほしいというのです。やっと手に入れた車。ミタさんが保険会社に問い合わせると、水没したときの状況を正確に報告し、修理工場で事故車が水没した事実か証明されれば全損認定、保険金が支払われると言われたとか。

「へー、別にぶつけなくても全損にできるんだ」

私の中に、保険金詐欺への新たな意欲が湧いてきました。なにも実際に潰さなくても、保険の定義上、「潰れた状態」にすればいいのです。そこで、今までは一度も読んだことのない約款を熟読。結果、わかったのは「××についての保険金は支払われません」という否定文の多さです。

これを裏返せば
「そうでなければ支払われる」ということではありませんか。私は必死で全損の定義を探し、答を見つけました。まず、見た目に閣係なく、修理代のコストがかかる場所(エンジンや足回り、その周辺)を一度に複数潰し、修理代の合計が保険金額を上回るようにすること。また、これはあまり書きたくないのですが、保険の定義上、全損とされるもののーつに、フロントトアとリアドアの間のボディ+屋根が少しでも曲がっていれば他が何ともなくとも全損になります。

ちなみに私が「全損」にこだわるのには、理由があります。保険金が支払われる際、保険金額を下回る修理代の場合はその額から免責金額(たいてい7万円)を引いた金額が振り込まれます。例えば、300万の契約で修理代が295万だとすると、そこから7万を引いた288万が実際に支払われるわけです。

対し、全損の場合は、たとえ免責金額のある契約でも免除となり、さらに全損一時金として保険金額の5%が加算され、300万の契約なら315万になるのです。この27万の差はバカにできません。