防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

生活保護費の不正受給はこうして行われる

バレれば全額返還。悪質なら刑事告訴も
生活保護と聞いて、読者は生活保護と聞いて、読者はどんなイメージを浮かべるだろうか。病気やケガで働けない人、身よりのない母子家庭、あるいは共働きだが低収入のため子供が養えない大家族、といったところか。
生活保護とは正確にいえば「収入。貯蓄が各自治体が定めた必要最低限度額に満たない人々に払われる公的な援助制度」のことだ。
主な内容は、税金・年金の減免、公共料金の免除、銭湯や公共施設の無料券の配布、そして保護金の給付である。金額は地域や本人の家庭事情などによって大幅に異なり、例えば都内に住む40才以下の男性単身者なら、月額13〜15万程度が相場。子供の多い大家族になると、1世帯あたり20万、30万にも膨らむ。
もっとも、これとてあくまで前例に従ってはじき出される必要最小限の額。皆、国から得たギリギリの生活費でつつましやかに暮らしているのが実状だ。
生活保護を受けるためには役所の福祉課や地域の福祉事務所に保護申告書を提出し、認定してもらう必要がある。ケースワーカーと呼ばれる福祉の担当者が本人の暮らし振りや経済状況などを細かく聞いて判断、具体的な金額を算出するという段取りだ。
対象となる条件はいろいろあるが、預貯金がゼロであることが大前提。そのため、被保護者には何らかの収入(労働による所得や年金。生命保険金の給付など)があれば、福祉事務所に申告するよう義務つけられている。
が、「ちょっとくらいなら」と考える者も結構いるようで、中には申告し忘れていたり、過少申告してペナルティを食らう者も少なくない。
万一、不正がバレるとどうなるのだろうか。通常は不正で得た保護金のほぼ全額を返還しなければならないが、明らかに手口が計画的かつ悪質で、額が大きい場合、刑事事件に発展する場合もある。
もっとも、こうした状況に国が黙っているはずもなく、厚生省では現在、被保護世帯の銀行預金調査や生命保険の加入状況、収入の有無などを調査、照会するよう徹底指導している。
ただ、現状ではプライバシーの問題からか本人の同意が得られないとなかなか調査に踏み込めなかったり、また都市部では保護世帯の増加に職員の数が追いつかず家庭訪問などの十分な調査ができていないようだ。こうした事情が犯罪の増加に拍車をかけているともいえるだろう。
詐欺はいかにして行われるのだろうか。いくつかの手口を検証しよう。

1、生活保護を不正受給したとし都内に住む52才の女性と33才の息子が詐欺容疑で逮捕されるという事件があった。
警察の調べによればこの女性、息子が土木作業などを通じて所得があったにもかかわらず役所に生活保護を申請、約1200万を受給していたという。1千万円を超す不正受給は過去にもほとんど例がないというから、親子ともども相当ウマク立ち回っていたに違いない。
冒頭で触れたとおり、生活保謹は必要最低額を超える収入がある場合、原則として認められない。では、息子はなぜ収入があるのに母親は金を受け取れたのか。これは、彼が土木作業員であったことが少なかず要因している。
普通、収入の有無は、所得税の納税額で判断される。会社員なら給料から天引きされるのでなかなかゴマかしようのないところだが、土木作業員となると話は別。日給で払ってしまえば、税務署も役所もお手上げだ。
また、たとえ本人が会社員であっても、個人事業者として会社側と契約できれば、所得税は隠匿しやすくなる。いずれにしても、まず隠すべきは収入、つまり所得税ということだろうか。

2病人を装う
早い話が健康状態を偽ってしまおうというものだ。関東某県に在住するニ宮祐太朗氏(仮名、33才)もこの手口で“食っていたー人。10年前の上京後はしがないフリーター生活を送っていたが、バイト代のほとんどが酒代に消えるほど飲んだくれの毎日を送っていた。でイヤでなんかラクに金を手に入れる手はないかって思ってたら

「アル中でも保護申請が通っちゃうって話を耳にしまして」

アルコール中毒は精神病に含まれ、状況次第では生活保護の対象にもなり得るらしい。確かに、精神病の場合は自己申告に頼らざるをえない。さっそく二宮氏はとある病院の門を叩いた。

「幻覚とか幻聴がするって暴れて見せたんですよ。もちろん、演技ですけどね。それでまず医者の診断書をゲットした」

その後、向かったのはハローワーク。そこで斡旋してもらった職場すべてに足を運んだ彼は、ことごとく面接で落とされまくる。

「全部で20社くらいは受けましたかね。ワザと落ちるのなんて簡単ですよ。自分はアル中なんですけどそれでも使ってもらえますかって聞けばいい。そんなヤツ、誰が採用します?」

失恋のショックでアル中から立ち直れない。就職しようと努力もしたが、すべて断られてしまった。確かに、社会において何の価値もないかもしれないが、そんな自分にだって生きる権利くらいはあるはずだ。彼は福祉事務所の窓口で、病院の診断書や面接通知書を見せ、涙ながりに切々と訴えた。

「やっぱりそこまでいわれると、福祉側としては無下に扱えなくなるんです。餓死でもされたらシャレにならないでしょう」

果たして、彼の思惑どおり、月14万円の給付金が下りることとなった。
「ラクそうに思えるかもしれませんけど、これがやることあるんですよ」

確かに、生活保護は、老人年金とは違い、一度支給され始められれば死ぬまでというわけではない。あくまで病気や失業に払われる一時的な金であって更正するための準備金という意味合いも持っているのだ。

「だからノルマもちゃんとあります。もちろん、それには従ってますけどね」

3週間にー度は医師の診察を受けて病状を報告すること、意識改革のために毎週、断酒会やアルコールアノニマス(通称AA)といったアルコール矯正のためのボランティア団体の集会に行き、参加した証拠としてハンコをもらってくること。それがニ宮氏に課せられた条件だった。

「あとは普段の努力といつか。早い話、ボクってこんなにビンボーなんですってことを福祉の担当者にイヤというほどアピールしておくことですね」

2カ月にー度の担当者との面会や毎月の受給日(手渡しされる)には、なるべくみすぼらしい服装で出向く。抜き打ちで家庭訪間されたときのために、時計やウォークマンなどの贅沢品はなるべく見つかりにくい場所に置き、代わりにボロボ口の傘やスニーカーを玄関に置いて貧乏ムードを演出。徹底した念の入れようだ。

ところで最近、彼はアルバイトを始めた。交通量調査やポスティングなどの短期バイトである。どれも源泉徴収されないため、税務署経由でバレる心配もない。

「しかも、なるべく夜間限定のヤツを選んでます。昼間は家にいないと近所の住民にも働いているのがわかっちゃうじゃないですか。知ってました?不正がバレる原因って近所のチクリとか、ケースワー力ーの周辺調査からってのが多いんですよ。

だから抜き打ちで家庭訪間されても大丈夫なようにお役所タイム(平日昼間)は居るようにしてます。あと一応、出勤するときは洗面器もって銭湯行くフリしてますしね。まあ、フ口は友達のワンルームで済ましちゃうんですけど」