防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

痴漢撃退用・強盗対策の護身グッズ

「むしゃくしゃしたから殴ればスカッとすると思った」などという動機の事件が多発するこのご時世、道を歩いていても自宅でくつろいでいてさえも、キレた暴漢がいつ襲ってくるやもしれない。夜道を歩く女性でなくとも、自分の身を守るための手段は持っていたいものだ。しかし、腕っぷしに自信があると断言できる人間はごくわずか。そこで登場するのが護身グッズである。

世界的に見て治安がいいと言われ続けてきた日本だけに、国内で売られている商品のほとんどはアメリ力や台湾を中心とした海外輸入もの。2、3年前までは、スタンガンや弊棒などのグッズは一部のマニア向けアイテムとみなされていた。が、護身グッズが急激に売れているという。それも、痴漢撃退用として女性が買うだけではなく、男性か購入する例が急増しているそうだ。コンビ二やパチンコ店の店長、タクシーやトラックの運転手なとが強盗対策として店や車に常備したり、海外出張に行くサラリーマンが防弾チョッキを持参するケースも少なくないとか。では、現在、国内で販売されている護身グッズを種類別に紹介していこう。

最長8メートル飛ぶ催涙スプレー

現在、いちばんの売れスジが、手軽な割に効力を持つ催涙スプレーだ。
相手の目や鼻に向けてシュッとほんの1秒間ひと吹きするだけで、激痛を与え涙を出して目を開けていられなくすると同時にセキ込ませ、5-10分ほど動けなくすることができるもの。便利な手の平サイズのキーホルダー・口紅・ライタータイプから店舗や家庭用の大容量型まで、さらに通常のボトル型だけでなく誤射しにくいカンタイプなど、サイズやバリエーションは実に豊富だ。ガスの飛距離は、小さなもので無風状態のとき1~2・5メートル、中にはアメリ力のと同様の8メートルも飛ぶタイプも市販されている。値段は3千円、大きくてもー万円以内といったところが相場。ちなみに、使用されているガスは、ヨーロッパや日本の警察が採用している無色のcN(クロロアセトセノン)ガスと、オレンジ色のアメリ力製Oc(オレオレシンカプシカムという唐辛子成分)ガスの2種類があるが、いずれもガスによる失明や後遺症はないとされている。

●スタンガン催涙スプレーと並んで護身グッズの代名詞とも言えるのがスタンガンだ。対象者の体に電極を接触させ、スイッチを押すことで高電圧の電気ショックを与えるもの。安全面を考え、ショックを受けた相手に使用者または他人が触れても通電せず、さらに後遺症や傷が残らないよう、放出される電流は抑えめに設計されている。もちろん、いくら瞬間的には害のない電圧であっても、執ように長時間にわたってショックを与え続ければ護身用具ではなく凶器に変身してしまうので、使用に際して節度か必要なのは言うまでもない。

スタンカンの威力は、どれだけの電圧をかけられるか、つまりはどれだけ電圧の電池が内臓できるかがポイントで、ほぼ大きさと重さに比例するとみていい。現在、市販されている中でいちばん小さなスタンカンは、6センチ×3センチほど(重さ40グラム・250ボルト)のタイプでたまこっちに似た原色のプラスチック製外ケースが付いており、マスコット代わりに力バンに付けて携行してもおかしくない。さすがにこれは相手の服の上から電極を当ててもショックを与えることはできないが、電車などで痴漢が出してきた手に押し当てて使うのには最適だ。普及型は5-20万ボルト(3万円前後)で、最大出力の40万ボルトともなれば厚手のコートの上かりでもかなりのショックを与えることができる。

特殊警棒・警察が使用している暴徒鎮圧用の伸縮製スティックが警棒と呼ばれるシロモノ。7、8センチのミニタイプ(伸ばすと約20センチ)から、約20センチの棒が3段階に40-70センチほどに伸びる警察仕様までいろいろ。スチール(またはアルミでできたアメリカ製がほとんどのため、日本警察か使用している警棒の2倍の強度といわれている。また、アメリカのシークレットサービスが使用しているバトンと呼ばれるグリップの付いたタイプや、催涙ガスが内蔵されたモノ、ムチの様にしなるスプリング警棒など様々な種類が市販されている。

防弾・防刃チョツキ直接身につけ、ナイフや銃、爆発物から身を守るのが防弾・防刃チョッキだ。日本ではトカレフによる発砲事件が多いせいかトカレフ対応のフ厚いタイプか一般的で、(重さは3~4キ口)海外出張に行く会菩貝や繁華街のパチンコ店主などが買い求めるケースが多いとか。スーツの下に着る下着タイプからベスト、ブルソン、ブレザータイプなど種類はいろいろ。他に首やのどを守るネックガードなる商品も市販されている。
ただし、たいていはワンサイズなので体型的に大きい人は手で持って身体を力バーするシールトタイプなどを使った方が無難か。ちなみに防弾・防刃チョッキは護身グッズとしては値段が張り、安くても6、7万。高いモノになると20万以上する品も。

●アラーム防犯ブザー

暴漢に襲われた際、周囲の人問に異変をしらせる防犯フザー。いずれもボタンを押したりピンを引き抜くと、アラームが鳴り響く仕組みになっている。護身グッズとしては消極的なアイテムといえるが、ネックレスタイプや腕時計型など携帯しやすい形の商品が出ており、値段もせいぜい3千円以内。アラームはもっとも手軽な護身グッズだ。

0自動車盗難防止装置

自分の身体だけでなく、イタズラ被害の多い自動車専用の防犯グッズも出ている。いちばんのヒット商品は、停車中に車のドアやボディを誰かが触るなどの異常をセンサーでキャッチ、専用のポケベルを鳴らすイタズラ探知機だ。また、異常を感知すると光とブザーで相手を威嚇する警報タイプもある。

◆護身グッズは、その名のとおり自分たちの身を守ることを目的とした道具である。だか、スタンカンや特殊警棒、催涙スプレーなどは、使い方次第では相手を傷つける凶器にもなりかねない。ここで紹介した用具は、いずれも所持に際して警察などの許可を得る必要はなく、購入時に身分証明証の提示も特には義務付けられていない(ただし、業者の中には場合によっては身分証明証の提示を求めているところある)。無用なトラブルを引き起こさないために、くれぐれも心して使いたいものだ。