防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

防犯

高級リゾートホテルで他人分も勝手に部屋付けされる可能性

他人の名前で精算のシステムを悪用し、タダで沖縄旅行を楽しむ夫婦私の知人に、毎年、夏に必ず沖縄旅行に行くTという夫婦がいる。エア代を含めた料金は、アジア1高いとまでいわれるほどの沖縄リゾートだ。コツコツ金を貯め嫁を旅行に連れていくとは殊勝な心…

示談するしかない状況に!あえて警察を介入させる当たり屋の手口にご注意を

俺は当たり屋でメシを食ってきた。刑務所の中で知り合った男から、これまでにない斬新な手口を教えてもらい、出所後、忠実にそいつを実践していたのだ。 すでに当たり屋稼業から足を洗った今、手口を公開することにためらいはない。むしろ防犯知識として皆さ…

高額紙幣対応の食券機を使ったサギ師にご注意

知人にせこいサギ師がいる。そいつの手口を公開するので、飲食店オーナーの方は注意していただきたい。舞台となるのは、高額紙幣対応の食券機が置かれている飲食店だ。そこへ客のフリをして訪れ、1万円札を機械に投入する。仮に、500円のメニューを選べ…

示談金を払えと因縁をつける自転車の当たり屋の対処法

俺はいつも大学の講義が終わると、チャリンコで家路につく。その帰り道で事件は起きた。片手でメールを打ちながら、人通りの少ない学校の裏道を通りかかったそのとき、突然、垣根の影から自転車に乗ったオッサンが飛び出してきたのである。 うおっ、ヤバイー…

買ったパソコンが動かずクレームを入れただけで暴行罪で逮捕されてしまうこの時代

店員を怒鳴ったから暴行罪!?粛欠陥ノ5ソコンの交換に行った家電屋で現行犯逮捕されたオレ買った家電品が壊れていたら、クレームを入れるのは客として当然の行動だ。 販売店は、誠意を持って対応するのが務めだろう。だが、世の中には思いもかけぬ理不尽な…

壊れたノートパソコンを宅配業者に修理させる悪い奴

昨年秋、ノートパソコンが壊れた。うっかりコーヒーをこぼし、作動しなくなうてしまうたのだ。アホもいいとこである。しかし、修理代がいかにも惜しい。そこでオレはある行動に出た。運搬中の事故を装い、宅配業者に修理費を払わせることにしたのだ。 まずは…

冤罪被害者になりたくなければ嘘の自白の強要に負けるな

愛媛県に住むAさんは、同県警に窃盗の容疑で逮捕された。女性宅から印鑑と通帳を盗み、銀行から50万円を引きしたのだという。当初、任意出頭で警察に呼び出されたAさんは全く身に覚えがなく「私には関係ない」と訴えていた.が、間もなく被疑事実を認め…

優秀な弁護士の選び方

日本の警察官は被疑者の権利に無関心 あなたには黙秘する権利があり、供述すれば法廷で不利益な証拠として使われることもある。あなたには取り調べに弁護人の立会いを求める権利がある。もし弁護人を依頼する資力かなければ、公費で弁護人を付けることか可能…

万が一逮捕された時の警察への対応方法

「アウトローは常に最悪を想定して行動する」とは、ヤクザ組長の息子にして、グリコ・森永事件の《キッネ目の男》とも疑われる、宮崎学氏(作家)の言葉である。アウトローにとって、自分自身の逮捕は想定される最悪のケースのーつに違いない。それがため、…

痴漢冤罪にあわないために・間違えられた時の対処法

うんざりするような満員電車に揺られて会社へ向かう途中、何者かにいきなり腕をつかまれる。ふと視線を落とすと、そこには若い女性の顔。 「触ったでしよー」わけもわからずア然としていると、女性はなおも続ける。 「触りましたねー」「触ってないですよ」 …

ボッタクリヘルス・ボッタクリバーの被害にあわないための防御法

店員が法外な支払いを断った客をボコボコにした挙げ句、車で蝶き殺す 耐えかねた大学生が店の窓から飛び降り転落 本誌でも幾度となく紹介してきたが、新宿歌舞伎町のボッタクリバーをめぐるトラブルは、どれもこれも悲惨なものが多い。甘いことばに誘われ、…

ヤクザの車におかまをほっちゃった・トラブル起こした時の対処法

ここは、新宿・歌舞伎町。あなたは喫茶店で、コーヒーを飲んでいます。さあ、友人との会話もがぜん盛り上がってきました。と、不注意にもコーヒーをこぼし、隣の人の服にかかってしまいました。「すいません」と爽やかに謝罪するあなた。おや、しかし、相手…

クレカ決済のタイムラグを利用しセルフスタンドのガソリンをタダで入れまくった男

利用停止したクレジットカードを使ってタダでガソリンを手に入れた友人がいる。そいつが意気揚々と語っていた手法を紹介しよう。 まず、カード会社へ連絡して自身のクレカを利用停止にし、その後、交番に行き、財布をなくしたと嘘をついてクレカの紛失届を提…

クラッキングで他人のプライベートを覗き見するやつらにご注意

入学と同時に、親からー台20万円もするパソコンを買ってもらった。 第一志望の約束とはいえ、賛沢な褒美である。高校に行ったらもっと勉強せいよ。無言の叱叱激励が肩にのしカカる。しかし、殊勝な心がけでいた切も数週間足らずだった。親の心子知らずとはよ…

ひったくり犯に聞くひったくられない方法

「オレ、ガキのころ、ムチャクチャ貧乏やったんスよ。親父は口クロク仕事もせえへんし、家もオンボ口市営住宅で、小遣いなんかー日10円。けど、駄菓子は食いたいしオモチャも欲しい。当然、万引きに走りますやん(笑)」 パー力ー風のジャケットに身を包み、…

たかがスピード違反とあなどるなかれ

スピード違反が見つかってキップを切られた、なんてのはよくある話。 だが、それが制限速度100師オーバーだとしたらどうなるか。単なる減点じゃ済まされないこと容易に想像がつくだろう。身を持って経験した事件の一部始終をお伝えしたいと思う。友達4人と横…

個人情報はいくらでどうやって売られているのか

生年月日、住所、電話から趣味趣向に至るまで、個人のプライベートな情報が金になるのは今や常識だ。拡販、個人調査など情報を購入する側の目的は様々だが、需要あるところに供給ありは、どの世界でも同じ。ここでは、個人情報をめぐる市場の実態について探…

痴漢撃退用・強盗対策の護身グッズ

「むしゃくしゃしたから殴ればスカッとすると思った」などという動機の事件が多発するこのご時世、道を歩いていても自宅でくつろいでいてさえも、キレた暴漢がいつ襲ってくるやもしれない。夜道を歩く女性でなくとも、自分の身を守るための手段は持っていた…