防犯対策・詐欺の手口

実際にあった詐欺の手口や事件、犯罪者の告白です。防犯対策・防衛のための知識としてお読みいただければと思います。

裏稼業・闇ビジネス

警備会社の営業課長の横流し丸投げお小遣い稼ぎ

中堅の警備会社に勤めて16年になる。肩書きは「営業課長」ながら、年収は税込みでわずか四〇〇万。家賃12万のマンションに家族三人を養っていれば、生活はかなり苦しい。月2万の小遺いでも感謝したいぐらいだ。しかし、人間いつ転機が訪れるかわからない。私…

裏口入学・替え玉受験で合格することは可能なのか

大学受験だけでなく自動車免許の試験の際や国家試験などの試験でも発覚している受験者以外の者が受験者本人になりすまして試験を受ける替え玉受験は可能なのか。 大きな大理石のテーブルがある応接間で、大げさなジェスチャーとともに頭を下げるのは不動産業…

宗教法人を使えば脱税し放題!?「寺院ころがし」の旨味とリスク

宗教法人の名前を使えばソープランドも脱税し放題宗教法人ほどオイシイ商売はない、とは昔からよく言われる話だ。売り上げを公益事業の収益として申告すれば、税金か激減されるからだ。現在、宗教法人は、所得税、地価税、固定資産税、道府県税、登録免許税…

ドラッグ密売を生業とする人物

何がほしいの?バッテンなら1個あるけど某日深夜ー時。六本木の某クラブで、50名ほどの男女が大音量の音楽に身をゆだねていた。ある者は一心不乱に頭を振り、ある者はDJブースから発射されるミドリ色のレーザー光線に手をかざし奇声をあげ、またある者はスピ…

B勘屋|福祉団体の裏帳簿を使う脱税請負人のやり方

都内某所の喫茶店で、ユニク口のフリース上下に身を包んだ四〇代半ばの男がアメリカンコーヒーをすすうていた。山崎氏(仮名)。差し出された名刺を見れば、福祉団体代表の肩書きが付いている。 「実はオレ、そのスジじゃ少しは知られたB勘屋なの。」 B勘屋…

白タクで泥酔のお客さんからドロボーを重ねていた運転手

11月窃盗の疑いで逮捕された無職のA(48才)は、白タクでドロボーを重ねていたから笑えない。この男、父親(76才)の個人タクシーを勝手に持ち出して酔った客を乗せ、眠り込んだスキに財布からクレジットカードを盗む手口で100件以上の犯行を繰り返し、総額2…

ゲームの違法コピーの海賊版は買った方も処罰

編集部に、異色の電話があった。相手はなんと18才の少年で、桧山リョウ(仮名)と名乗った。 「海賊版CDで食ってるんですけど、ネタになりますか」 期待はしてなかったが、海賊版CDとはあまりに拍子抜けである。裏DVDに偽ブランド、コピー関連の話は本誌でも…

ボディガード・用心棒という仕事は高収入

政界VIPの身辺を警護する警察のSPが、高い能力を有したプロ集団であることに異論はない。ただ彼らは、あくまで「国を守る」という大義名分で動く。任務のためなら、命をさらすことも厭うことはないだろう。 しかし、ボディガードはあくまで商売である。金が…

激安カニ食べ放題の理由は闇カニブローカーの存在が

昨年夏、信州の山間部へー泊2日の小旅行へ出かけた。 宿は『厳選した地の食材だけを使った本格派料理』を売り文句にした小結麗なペンションである。フロントでチェックインの手続きを済ませると、オーナー夫人と思しき30代後半の女性が聞いてきた。「プラス1…

悪い医者と弁護士がくっ付けば恐いモノなし

いまどきの言い方をすれば、オレは人生の『勝ち組』である。36才、独身。地元工リアでは最大の総合病院に勤める傍ら、週にー度知人のクリニックにも顔を出す。年収はおよそ2千万。二P建ての自宅のほかに東京と大阪に投資用マンション、さらにクルーザーも所…

疎遠な人・親や親戚縁者がいない人のための保証人斡旋業

角谷氏が、なぜこの商売を始めたのかは後述するとして、まず初めに保証人斡旋業がいかなるシステムで成り立っているのかを説明してもらおう。 「保証人を求めている客に保証人になりたい人間を紹介する。大ざっぱに言えばそれだけですよ。ただ、リスクのある…

保険金詐欺事件に悪用される保険システムの穴

いつの時代も、保険金詐欺を目的とした大きな事件は起こっている。 98年に起きた和歌山カレー毒物混入事件は世間に衝撃を与え、保険契約のチェック体制の甘さが問題化。以後、業界全体での改善が始まった。 替え玉がやり放題だった契約時の医師診察では写真…